11月29

株式会社シャノンでマーケティングをやっている村尾です。

2019年11月22日(金)に開催されたWingArc Forum 2019で出展・講演をした様子をお届けいたします。

WingArc Forum 2019 (WAF)

(展示会場の入り口ではハッシュタグオブジェがお出迎え)

UPDATA! WAF2019 | ウイングアークフォーラム2019

個人的に尊敬してやまないウイングアークさんの大規模イベント、WingArc Forum 2019 (WAF)。

マーケティングをやっていると悩みが尽きない「データとヒト」について、たくさんの気づきや学びが得られるセッション・展示が盛りだくさんな骨太イベントでした。

大規模ITイベントの代名詞「ザ・プリンスパークタワー東京」が満パン。さすがの集客力、ウイングアークさん、ほんと尊敬してます。

シャノンの展示

シャノンの展示は、「デジタルとアナログを組み合わせるデジアナマーケティング」がテーマです。

多くのお客様が「メールだけではメッセージが届かない」という課題を抱えていることが非常に印象的でした。

すこしでも課題解決のお役に立つために、「メールだけでは届かないメッセージを届ける方法」を一生懸命説明しています。

シャノンの講演

講演では、「BIとMAで実現―成長するマーケティングチームの基盤づくり―」と題しまして、マーケティングチームが成長するためには、BIとMAの活用が必要不可欠であることをお話させていただきました。

マーケティングチームの成長とは

マーケティング業務は多種多様です。

チームによって、資料請求がKPIになっていたり、展示会出展でリード獲得が目的になっていたりと色々な状況があります。

いまの状況がどうであれ、マーケティングチームが成長するためには、顧客体験の全体設計が必要です。

このためには、BIで奥のビジネスゴールまで見える化をして、認知獲得から興味関心の引き上げをMAで実施する必要あるのではないか? ということをご来場者様と一緒に考えさせていただきました。

「データドリブン」と「思いつきドリブン」

「データドリブン」と「思いつきドリブン」を対比してBIの必要性をご説明。

仮説・検証サイクルを回すためにはデータドリブンなアプローチが非常に有効です。

もし、なにもデータがなかったら…… だれかの思いつきをひたすらやる「思いつきドリブン」なマーケティングになってしまいます。

注意したいのは「チームでデータが活用できる環境づくり」です。

データ活用ができているつもりでも、ローカルPCで完結している場合は、「自分だけはデータドリブンと思っているけれど、チームメンバーは思いつきドリブンだと思っている」という悲しい状況が発生します。

解決するためには、MotionBoard CloudのようなクラウドBIが必要ですよね 🙂

ちなみにシャノンが提供するデジアナプラットフォーム「SHANON MARKETING PLATFORM」は、ウイングアークさんのBI ダッシュボード「MotionBoard Cloud」と連携しております。

顧客にメッセージを届ける3つのパターン

MAに蓄積しているデータを活用する「再燃キャッチ」と「フックアップ」という2つの手法をご紹介。

蛇足ですが、わたしは「ナーチャリング」という言葉が好きではありません。「ナーチャリング=育成」って偉そうじゃないですか…… なので、継続的なお客様とのコミュニケーションには「引き上げ」という言葉を使っています。

再燃キャッチフォロー

顧客の興味関心を引き上げるより前に、すでに興味関心が引き上がっている顧客を捕まえる「再燃キャッチフォロー」。

情報提供フェーズでは素直にお役に立てる情報を提供する同時に、なぜかわからないけれど興味関心が高まっているお客様をきちんとフォローする方法をご紹介しております。

フックアップフォロー

せっかくの素晴らしいコンテンツも、メールだけでは届きにくいですよね。

この状況を打破するために、DMとメールとWebを組み合わせて興味関心を引き上げる手法が「フックアップフォロー」です。

フックアップフォロー事例として、アポイント率12%を達成したシャノンの事例をご紹介しています。

シャノンとデジアナマーケティング

シャノンは、企業のマーケティング課題をテクノロジーとサイエンスで解決することをミッションに定めています。

このために、顧客を中心にデジタルチャネルとアナログチャネルを組み合わせる「デジアナマーケティング」のご支援をしております。

  • デジタルマーケティングだけの限界を感じている
  • アナログマーケティングの良いところを残しながらデジタルマーケティングを追加したい

というようなお悩みがあれば、シャノンにご相談ください。

デジタルとアナログを組み合わせたデジアナマーケティングならシャノン