9月16

ウェビナーのやり方をはじめから丁寧に解説!

ウェビナーのやり方とは、ウェビナーの具体的な配信方法のことです。
この記事ではウェビナーの配信を検討している人に向けて、ウェビナーのやり方を詳しく解説します。
ウェビナーの配信のために必要なものや成功のポイントにも触れているため、ぜひ参考にしてください。

ウェビナーとは?

ウェビナーとは、Web上でセミナーを行うことです。
動画配信への注目度が増しており、マーケティングの手法のひとつとしてウェビナーをはじめる企業も増えています。
ウェビナーは、必要なものが揃っていれば、どこからでも配信が可能です。また、エリアを問わずどこからでも気軽に参加してもらえます。
参加者と開催者はチャットによるやり取りも可能で、簡単に接点を持つことが可能になります。

なお、ウェビナーには時間を決めてリアルタイムで配信する方法だけでなく、録画した動画を公開する方法もあります。

ウェビナー配信に必要なもの

ここでは、ウェビナー配信に必要なものを紹介します。

インターネット環境

ウェビナー配信に使用するインターネット環境は、一定の回線速度と安定性を確保する必要があります。
安定性を確保するためには、無線接続よりも有線接続のほうが望ましいといえます。
事前にリハーサルをし、ウェビナーに適した通信環境を保てるかどうか確認しておきましょう。

撮影場所

ウェビナーを撮影する際は、背景がシンプルな場所を選びましょう。
企業のロゴが入るようにするのもおすすめです。
適切な明るさを保つために、卓上ライトを使用すると効果的です。
小規模なウェビナーなら、小さな会議室などでの撮影でも十分対応できます。

カメラとマイク

ウェビナーで使用するカメラやマイクは、PCに付属しているものでも大丈夫です。
ただし、コンテンツの質にこだわるなら、PCに付属しているものでは満足いかない可能性もあります。質にこだわったウェビナーを行いたい場合は、専用のものを別途購入したほうがいいでしょう。

配信ツール

ウェビナーの配信は、専用の配信サービスを利用して行うのが基本です。
ウェビナーの配信ツールとしてはさまざまなサービスがあるため、自社に適したものを選びましょう。

初めてのウェビナーのやり方を解説

ここでは、初めてウェビナーを行う際のやり方について、順を追って解説します。

企画の作成

ウェビナーを成功させるには、目的やコンテンツの内容を明確にすることが大切です。
ウェビナーを行ってどのような成果に結びつけたいのかしっかり考えましょう。
そのためには、ターゲットの設定や、伝えたいことをしっかり具体化しておきます。

なお、ウェビナーは一般的なセミナーと違って途中退出も気軽に行えるため、
参加者を飽きさせないための工夫も必要です。詳しいポイントは次で解説します。

必要な設備を準備

ウェビナーを開催する前に、「ウェビナー配信に必要なもの」で紹介しているものを準備しましょう。実際にテスト配信を行って、一通りの流れや機器の動作確認、参加者としての目線からもチェックしてください。

集客

ウェビナーへ集客するためには、LP(ランディングページ)が必要です。
ウェビナーのテーマや開催日時をわかりやすく記載し、登録フォームを設定しましょう。
講師の紹介やキャッチコピーも掲載するとよりよいです。
ウェビナー開催のお知らせは、広告やメール、自社のWebサイトやSNSなど、複数の手段を使ってLPへ誘導すると、効率的に集客できます。

使用するサービス・ツールによっては、集客から配信までを一貫して行えるものもあります。
参加者の管理ができる機能が備わっているサービスもあるため、サービス・ツール選定は自社のニーズにあわせて選びましょう。

練習・直前リハーサル

ウェビナーの開催日時が近づいたら練習を行い、伝いたいことをより伝わりやすい内容になるようにブラッシュアップしましょう。
何度も練習を重ねて講師に自信をつけることで、より強く、かつ自然な訴求ができるようになります。複数人で配信する場合、しっかり練習しておけば本番でもスムーズな連携が可能です。

また、本番に近い環境で直前リハーサルをすれば、機材や会場の使い方についても把握できます。
問題点がみつかったときは本番までに改善しましょう。

配信

ウェビナーで話す際は、ゆっくりと落ち着いて話すことが大切です。
ただし、淡々とした説明にならないよう、呼びかけたり抑揚をつけたりして、参加者の興味を惹きつけるような話し方を意識しましょう。

アンケート回収・分析

ウェビナーを配信する場合、事後の分析も重要です。
ウェビナー後にアンケートを実施し、参加者の反応をチェックして次につなげましょう。
アンケートの詳細については次で解説します。

ウェビナーを成功させるためのポイント

ここでは、ウェビナーを成功させるためのポイントを紹介します。

開催の目的・ターゲットを明確にする

開催の目的やターゲットを明確にすると、ウェビナーの効果を高めやすくなります。
たとえば、すでに商品やサービスを比較している段階の顧客は、具体的な説明を聞きたいと考えています。
一方、単に興味や関心をもっている段階の顧客は、より詳しく検討するために商品やサービスに関する基本的な情報を集めたいと思っているでしょう。

ターゲット層にあわせた配信内容を準備することで、顧客に響く訴求ができるようになります。人数や内容によっては「新規顧客向け」「既存顧客向け」など、別々のウェビナーを開催しましょう。

申し込みした人に当日視聴してもらうための工夫を施す

ウェビナーの場合、多くの申し込みを獲得しても、当日に複数のキャンセルが出るケースもあります。申し込みした人にウェビナーを視聴してもらうには、集客の段階で工夫を取り入れる必要があります。
たとえば、集客メールに講師の名前を記載して参加に対する意欲を高めたり、あえてはがきのDMを送って周知したりするのも良い方法です。

また、申し込みをした人に対し、こまめにリマインドを送るのも効果的です。
1週間前や3日前など定期的にリマインドし、ウェビナーへの参加について意識してもらいましょう。

録画、事前・事後のアンケートを実施する

一般的なセミナーに比べ、ウェビナーは顧客の反応をチェックするのが難しい傾向があります。
しかし、ウェビナーの前後にアンケートを実施すれば顧客の意見を把握できるため、成果につなげるためのフォローも可能です。
アンケートの回収率を高めるには、回答者に対してウェビナーの録画と資料をあとからメールで送付することにすると効果的です。送付を自動化しておけば、担当者の負担はほとんど増えません。

ウェビナー導入企業の事例

ここでは、ウェビナーを導入している企業の事例を紹介します。

オフラインのセミナーをウェビナーで同時開催

ある人材広告企業では、オフラインで開催するセミナーの様子をウェビナーで配信しています。
業務用の機材を使用して高品質な映像と音声を提供しており、ウェビナーの参加者もセミナー会場にいる人とまったく同じ内容を視聴できます。
たとえば、セミナーで資料が提示されるときはウェビナーの画面上でも資料が表示され、講師の映像と切り替えることも可能です。

また、配信した映像を録画しておき、リアルタイムで参加できなかった人にもあとから視聴できるようにしています。
オフライン、オンライン、オンデマンドの併用により、少ないコストでより多くの顧客と接点をもつことに成功しました。
自社の情報を継続的に発信することで、顧客からの信頼獲得にもつながっています。

テーマ別に年間500以上のウェビナーを開催

あるIT関連企業では、本格的なスタジオを設け、年間500以上のウェビナーを開催しています。
自社製品やソリューションに関する多種多様なテーマが用意されており、番組表が毎月公開されています。参加者は特別なソフトをインストールする必要がなく、URLをクリックするだけで視聴が可能です。

安定的に情報を提供し続けた結果、リピーターとして何度も参加している顧客も増えています。
また、アンケートを踏まえたフォローコールにより、確度の高い顧客へのアプローチも容易になりました。
地方からの参加も増えており、現在では全都道府県からの参加者を獲得しています。
ウェビナーの開催によって、新規顧客の確保にも成功しました。今後はさらにスタジオやスタッフを増やすことを検討しています。

まとめ

ウェビナーは、インターネット環境や撮影場所などを確保できればすぐに開催できます。
ただし、企画をしっかり練ったうえで準備や練習をしなければなりません。
ウェビナーの目的を達成するには、ターゲティングや事後のフォローも重要です。

これからウェビナーをはじめるなら、シャノンが提供するプラットフォームを利用してみてはいかがでしょうか。
シャノンは、顧客満足度の高さに定評があり、ビジネス向けのクラウドサービスを紹介するITreviewで表彰された実績もあります。
サポートには自信があるため、メールや電話で気軽に問い合わせいただけます。

シャノンのプラットフォームをYouTubeと組み合わせて利用すれば、集客からウェビナーの開催はもちろん、事後のフォローまで一貫して行えます。
自動化によって効率を高めたり、継続的にセミナーを実施するためのシステムを定型化したりできます。デジタルとアナログを組み合わせた「デジアナマーケティング」の実現も可能です。
シャノンのプラットフォームを活用してウェビナーを成功させましょう。

ウェビナーはじめかたガイドをダウンロード