10月29

ウェビナーの普及率は?普及の背景や会場で開催するセミナーとの違いを解説

ウェビナーは、会場やスタッフを用意する手間やコストがからないため利便性が高く、急激に普及が進んでいます。

この記事では、ウェビナーの普及率に関心がある人に向けた内容を紹介します。ウェビナーが普及している背景やそのメリットなども解説するので、知見を深めるうえで参考にしてください。

ウェビナーの普及率が高まってきている

米国ではすでにウェビナーの普及が広まり、市場が拡大しています。先にIT企業がウェビナーを使用し始め、その後IT企業ではない企業にも広まりをみせているのです。米国では2023年に8億ドルまで市場拡大するといわれています。

日本でも導入する企業が増加傾向にあり、米国のようにIT企業以外にも広がっていくでしょう。ただ、ツールの使用料や設備投資などの利用コストが普及拡大のネックにもなっています。

ウェビナーとは?

ウェビナー(Webinar)とは、Webとセミナー(Seminar)を掛け合わせた造語であり、オンラインで配信するセミナーのことをいいます。会場を用意する必要はなく、パソコン、マイク、カメラ、インターネット環境が整っていれば開催が可能です。

ウェビナーの開催方法は?

ウェビナーの開催方法には、リアルタイム配信、収録配信、疑似ライブ配信の3種類があります。それぞれどのような方法なのか説明します。

  • リアルタイム配信(ライブ配信)
  • リアルタイム配信とは、開催と同時に配信する方法です。講師と参加者がリアルタイムでセミナーに参加できるため、従来のセミナーに最も近い形態での配信方法といえます。チャット機能を利用すれば、参加者の反応を見つつ講義をすすめられ、質疑応答の時間も設けられます。

    臨場感が増し、参加者の満足度も高くなるので、リアルタイム配信を採用する企業は多いです。

  • 収録配信
  • 収録配信は前もって収録した動画を配信する方法です。
    収録配信では余分な部分をカットしたり、途中でスライドや説明動画をはさんだりすることも可能で、わかりやすく密度の濃い内容にしやすいでしょう。参加者は理解しきれなかった部分を何度も見直すこともできるため、理解度を深めてもらいやすい方法といえます。

  • 疑似ライブ配信
  • 疑似ライブ配信とは、動画は事前に収録し、告知された日時に配信しますが、主催者がリアルタイムで参加者と対話ができる方法です。
    当日に機材が故障する、講師が講義できない状態になるといったトラブルを回避しつつ、参加者とリアルライムでコミュニケーションできます。リアルタイム配信と収録配信、両方のメリットが享受できる方法です。

    ウェビナー普及の背景

    ウェビナーが普及した背景には、何があるのでしょうか。ここでは、普及の背景を解説します。

    ITツールの発展と普及

    ITツールの発展は目覚ましく、企業から個人まで当たり前のようにパソコンやインターネットを利用して生活できるようになりました。通信速度も速くなり、文字を介したやりとりから音声、動画へと発達しています。
    動画を配信し、それを閲覧することが個人レベルでも可能となったのです。そのため、ウェビナーに参加できる人が増えています。

    働き方改革の推進

    働き方改革が推進によって、労働時間を減らしつつ、成果をあげるための効率的な働き方を目指すようになっています。ウェビナーは会場準備にかかるコストや手間がかからず、労働時間の短縮や労働効率の向上に貢献しています。
    また、テレワークを取り入れる企業が増加しており、併せてウェビナーの普及が進んでいるといえます。

    ウェビナーと会場で開催するセミナーの違い

    ウェビナーと会場で開催するセミナーの違いについて比較できるように表で解説します。

    ウェビナー普及によるメリット

    ウェビナーが普及するとさまざまなメリットがあります。ここではウェビナーの普及によるメリットについて詳しく説明します。

    集客と開催がしやすくなる

    ウェビナーでは、集客から開催まですべてオンラインでできます。仕組みを構築すれば、参加申し込みから配信までの自動化が可能です。そのため、ウェビナー配信までの手間やコストを大幅にカットでき、集客や開催がしやすくなります。

    参加者にとっても、場所や地域を選ばないため、会場型セミナーよりも参加しやすいです。今まで会場型セミナーには足を運んだことのない人や地方に住んでいる人など、幅広いターゲット層を集客できます。サーバーが許す限り参加人数を増やせるため、顧客の新規開拓につながるでしょう。

    コスト削減が可能になる

    ウェビナーは会場型よりもコストが抑えられます。会場型セミナーは会場費、会場までの交通費、設備レンタル費、当日のスタッフにかかる人件費などのコストがかかります。
    一方、ウェビナーはインターネット環境とパソコン、マイクとカメラさえあれば開催可能です。そのため、開催にかかる費用を大幅に削減できるでしょう。

    リードを獲得しやすくなる

    ウェビナーは開催地に関係なく、どこに住んでいても参加できます。そのため、参加までのハードルは低くなり、参加者数の増加が見込まれます。会場型セミナーには行けないような人も参加できるようになり、新規顧客が獲得しやすいでしょう。
    また、ウェビナーは3~4割が購買客になるといわれるほど、参加者の購買意欲を高める効果が期待できます。

    効果的に伝達できるようになる

    ウェビナーでは、比較的長い時間をかけて複雑な情報を伝えられます。オンラインでのマーケティング手法には、メルマガ、ブログ、SNSなどがありますが、これらの手法では一度に伝えられる情報に限りがあります。そのうえ、受け取り側にきちんと読んでもらえないこともあるでしょう。
    ウェビナーは大量で複雑な情報を確実に顧客に届けるために最適といえます。

    顧客の信頼を得やすくなる

    ウェビナーでは、顧客は相手の顔や声、話し方などを把握できます。相手のこういった情報がわかると顧客は安心するため、信頼を得やすくなるでしょう。

    顧客がウェビナー講師のファンになることで、同時にウェビナーを開催している企業のファンになり、顧客獲得につながるケースもあります。逆に、講師の話し方などに嫌悪感を抱かれると、顧客が離れてしまうおそれもあるため注意が必要です。

    顧客との関係構築しやすくなる

    チャット機能を利用したウェビナーでは、参加者とリアルタイムで会話できます。メルマガや電話などのマーケティング手法ではこういったコミュニケーションは不可能です。大きな会場では発言しにくい参加者でも、チャットでは気軽に発話できるというメリットもあります。
    顧客の不安や疑問点をその場ですぐに解決できるため、顧客との関係が構築しやすくなります。

    マーケティングにおけるウェビナーの活用

    マーケティングにおけるウェビナーの活用も普及が広まることに関与しています。具体的に、どのように活用されているのかを解説します。

    新規顧客獲得

    前述したように、ウェビナーは会場型よりも参加のハードルが低く、一度に参加できる人数も多いです。そのため、ウェビナーを活用すれば、効率良く顧客に自社製品やサービスをアピールできます。新たな層の顧客が参加することもあり、新規顧客獲得につながりやすいでしょう。

    既存顧客対策

    ウェビナーを活用すれば、新規の顧客だけではなく既存顧客の満足度を高められます。新しい製品やサービスの紹介、よりよい使い方を知らせることができ、利用頻度の向上や満足度アップが狙えます。自社のファンを獲得しやすいマーケティング手法でもあるので、製品の定着率やリピート率が上がることも期待できます。

    まとめ

    ウェビナーは便利なセミナー開催方法であり、新規顧客の獲得や既存顧客の満足度アップにつながるマーケティング方法です。そのため、ウェビナーの普及は進み、さまざまな企業が採用し始めています。

    ウェビナーに興味のある方はマーケティングオートメーションのリーディングカンパニー「シャノン」にご相談ください。シャノンでは、ウェビナーを簡単に管理できるプラットフォームを提供しています。YouTubeと組み合わせることで、集客から開催、開催後のフォローまで一元化が可能です。より詳しく知りたい方は、ぜひ資料でご確認ください。

    ウェビナーはじめかたガイドをダウンロード